プラセンタとは

プラセンタの最強バイブル

プラセンタとは何か?

プラセンタは英語で「placenta」と書き、胎盤を意味しています。
優れた美容効果や健康効果を認められ、数年前から人気に火が付きました。商品開発も進み、いまでは高品質でリーズナブルなサプリメント・化粧品などが簡単に手に入るようになりました。

本来、プラセンタは更年期障害の改善や肝機能障害の治療に使われる医薬品でした。治療の副産物として、美容効果が認められるようになると、美容に特化した商品が開発されかなり浸透してきました。美容クリニックや内科、皮膚科などの医療機関での肝機能障害や更年期障害、不妊の治療だけでなく、美容目的オンリーでプラセンタ注射などが行われています。

 

なぜ、胎盤と言わずにプラセンタというのか?

プラセンタの日本語訳が胎盤です。胎盤と言わないのは、原料が外国産のものだからと誤解している方がいます。確かに外国産の馬や豚の胎盤をつかった商品も多いのですが、現在のトレンドは国産の原料です。日本では希少なサラブレッドのプラセンタを使った物や、SPF豚という安全性の高い無菌豚の胎盤をつかったものが人気が高い状態です。

日本人の心境として、胎盤と表現すると気持ち悪いと思う方も多いため、英語表記にしている側面があります。

ただ国産は人気が高く原料が希少なため、高値で取引されており、安価なプラセンタ商品開発のためには、国外からの輸入に頼る面もあります。プラセンタを利用する場合は、国産なのか外国産なのかを確認する必要があります。とくに大きく国産と表記されていない場合はほとんどが外国産だと考えた方がいいでしょう。

 

プラセンタの種類(原料価格順)

プラセンタの種類を原料の価格が高い順にお教えします。プラセンタとして商品化されているものは、ほとんどが馬プラセンタか豚プラセンタです。羊プラセンタは徐々に商品が増えてきましたが、それでも全体の割合からすると5%程度の僅かなシェア率しかありません。

馬プラセンタ
1.国産サラブレッド
2.国産食用馬
3.食用輸入馬胎盤(キルギス・メキシコ・アルゼンチン・オーストラリア等)

豚プラセンタ
1.国産SRF豚(無菌豚)
2.デンマーク産豚
3.国産豚
4.ヨーロッパ各国産豚

羊プラセンタ
1.ニュージーランド産クラスフェッド羊
2.オーストラリア産グラスフェッド羊

ヒューマンプラセンタ(人プラセンタ
1.米国逆輸入品

※植物プラセンタ、鮭プラセンタなどはアミノ酸を抽出しただけの類似品で、プラセンタと呼べない商品であるとされています。とくにプラセンタの有効成分である成長因子が含まれていないため、同じプラセンタとして扱うこと自体に疑問があります。牛プラセンタは狂牛病以降、市場に流通していません。

 

プラセンタの効果

 

プラセンタに含まれる成分とは?

プラセンタから成長因子(グロスファクター)などの有効成分を抽出したエキスがプラセンタエキスです。このエキスを元に様々な商品が開発されています。これを総称して「プラセンタ」と呼ばれています。

プラセンタからの抽出物を使うので、その抽出技術によって品質が左右されます。医薬品のプラセンタであるラエンネックやメルスモンもプラセンタ抽出エキスから製造されています。プラセンタをそのまま乾燥させて粉末化したものを溶かしたものではありません。

プラセンタは赤ちゃんを育てる大切な臓器です、そのため豊富な栄養素が含まれています。
1.アミノ酸
ヒトの体を形成するのに必要なタンパク質を作る20種類のアミノ酸を摂取することができる。
2.成長因子(EGFやFGF)
細胞の分裂を促して新しい細胞を作りだして、新陳代謝を上げることでお肌に潤いを与えたり、乱れたホルモンバランスを調整して自律神経を整えたりします。
3.糖質
人間のエネルギー源に欠かせい糖質は不足すると、集中できなくなる、体が疲れやすいなどの症状がでてきます。
4.脂質
脂分が不足しているお肌は、老け顔の原因です。脂質を補給することで、ハリや潤いを与え乾燥からお肌を守ります。
5.ミネラル、ビタミン、活性ペプチド、酵素等

 

プラセンタの効果とは、効能とは

さまざまな有効成分を含むプラセンタ。これまで多くの方がプラセンタを利用し様々な効果、効能を体感しています。プラセンタの効果とは主に、

•ホルモン調整作用
•抗アレルギー作用
•抗炎症作用
•活性酸素除去作用
•強肝作用
•免疫力増進作用
•内分泌促進作用
•活性酸素除去作用

プラセンタにはこれだけ多くの作用があります。そのため様々な悩みに対して一定の効果があります。たとえば、肌のターンオーバーを正常にすることで、肌のシミやニキビができにくくなります。

またホルモンの乱れからくる月経前不機嫌症候群、PMSや更年期症状などの改善にも役立つので、女性の強い味方になります。
活性酸素除去作用によって、体内の老化の原因である(ヒドロキシルラジカル)をプラセンタが取り除いてくれます。
さらに育毛効果にも注目が集まっています。加齢による肌の不調、女性特有の体の不調をプラセンタは正常に戻してくれます。

 

プラセンタの摂取方法

注目のプラセンタですが、どのように摂取するのが効果的でしょうか?
ここでは、様々な摂取方法を紹介します。

1.医療機関での注射
プラセンタエキスを直接体内に注射します。皮下注射と筋肉注射の2種類があります。プラセンタ注射をすると今後は献血ができなくなる。そのためよほどの事情がなければ、プラセンタ注射は躊躇するもの。たとえば一度でもプラセンタ注射をすると、我が子に輸血が必要となっても自分の血を取って輸血することができない。重篤な更年期障害に悩まされているなどの場合を除き、興味本位の美容目的や一時の感情で軽々しくするものではない。

2.サプリメント
カプセルに入ったプラセンタ原末を経口摂取します。腸で溶けるコーティング技術や、低分子化技術により、従来より消化吸収における有効成分の摂取効率は上がっている。注射とは違い献血できなくなるというリスクはない。また健康被害のケースもきわめて少ない。そのため商品の多さと効果を感じやすい商品設計により一番普及している摂取方法。

3.ドリンク・ゼリータイプ
プラセンタエキスにコラーゲンやビタミンCなどを混ぜ、ドリンクやゼリー状にしたものを経口摂取します。水溶状態のプラセンタはサプリメントに比べて吸収しやすいが、プラセンタ独特のにおいと味を抑えるため、濃度が低くなっており、有効成分の摂取量は少ない。サプリメントが一般的になっており、ドリンクやぜリータイプはどんどん衰退している。

4.化粧水・美容液
プラセンタエキスの薄めたものを直接肌に塗ります。アミノ酸による保湿効果が非常に高いのが特徴。プラセンタエキスによる美白効果はイオン導入によってのみ効果あり。塗布では美白効果は出ない。プラセンタエキスに美白効果があることは事実。だが、化粧品は肌に浸透しない。浸透しなければ美白成分が効果を発揮することもない。

5、埋没療法
プラセンタを皮下に埋め込みます。きわめて特殊な療法であり、施術を受けることができる機関も限られる。プロスポーツ選手のけがの治療などでごくたまに利用されることがある。

求める効果によって選ぶべき摂取方法が違います。またプラセンタの万能性にかこつけて、的外れな摂取方法を行うことも多々見受けられます。

美容目的であれば、皮下注射かサプリメントでの摂取が効果的です。

 

 

公開日:
最終更新日:2016/08/06