プラセンタは生理不順に効果あり?

      2016/08/12

プラセンタで生理不順を改善できるのでしょうか?
女性ホルモンと言えばプラセンタ。そこでプラセンタに生理不順を改善する効果があるのか疑問の方も多いようです。
解説します。

効果あり?生理不順にプラセンタ

プラセンタは生理不順に効果がある?

・生理予定日のハズなのに遅れてる
・生理予定日よりだいぶ早く来た
・最近出血量が多くなってきた
・出血量がいつもより少ない
・どんどん痛みが増してる気がする・・・

これらの生理不順にプラセンタは有効です。多くの女性が実際にプラセンタのサプリメントを飲んで、穏やかになったと報告しています。

通常、ホルモンバランスが整っていれば28日前後の周期で生理はきます。でもストレスが多い現代に生きる女性は、加齢やちょっとしたストレスでも女性ホルモンを崩しやすくなっています。毎回生理周期がくるい周期を把握することをあきらめる女性も多いのです。

プラセンタには女性ホルモンの乱れを正す作用があります。生理周期を整えたり月経前や閉経前後に起きる体調不良が起こらないようにサポートします。

薬じゃないプラセンタがなぜ生理不順に効果的なのか

生理不順はさまざまな種類があります。

・2,3ヶ月以上遅れる稀発月経
・1,2日で少量の出血で終ってしまう過小月経
・出血の量が多くレバーの塊のようなものがでる過多月経
このような症状は放置しておくと、将来の不妊になるリスクが高まります。

プラセンタには女性ホルモンのバランスを取る「内分泌調整作用」だけではなく、自律神経の乱れを整えて精神的にも安定させる「自律神経調整作用」があるので生理不順の解消につながります。

たとえば女性ホルモンの減少で起こる更年期症状の改善にもプラセンタの有効性は示されています。実際医療機関でプラセンタのサプリメントが処方されたりしています。プラセンタが女性ホルモンの活性に少なからず有効性があるということです。

更年期に入ると閉経に向けて出血量が減少していくことにより、エストロゲンが分泌されず鬱症状や体のだるさを感じはじめますが、プラセンタを処方することによって不快な症状は穏和されます。

生理不順にプラセンタ

生理不順にプラセンタは効果あり?

プラセンタの調整作用

プラセンタには「内分泌調整作用」があります。過剰なホルモン分泌を抑制し、少ないホルモンの分泌を促す作用です。このような働きをする成分は非常にまれで、おおくは抑制するだけとか、促進するだけの一方通行の作用しかありません。プラセンタのこのスゴイ作用によってホルモンバランスが整います。いわゆる美容成分でこのような働きを持つものは他にありません。

プラセンタの「自律神経調整作用」もすごい作用です。自律神経は、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経です。体の活動時に活発になる交感神経と、安静時に活発になる副交感神経があります。この2つのバランスが乱れることが「自律神経の乱れ」です。プラセンタはホルモンバランスを調整することで乱れた自律神経を調整する作用があるのです。

肌の乱れも元通り。

生理不順と肌の乱れは密接な関係があります。生理不順でニキビができるというのはよく聞く話です。
人間は寝ている間に肌の新陳代謝を活性化し、新しい肌の下地を作ります。しかしホルモンが乱れているとこのターンオーバーが正常に機能しなくなります。老廃物が蓄積し、くすみやしみ、しわ、ニキビができやすい状態になります。
プラセンタは女性ホルモンのエストロゲンの分泌を正常にする作用があるため、肌のターンオーバーが正常に近づきます。さらに肌荒れを防ぐ「抗炎症作用」やシミの生成を防ぐ「メラニン抑制効果」までも併せ持っています。

プラセンタは心強い味方になります。

プラセンタは生理不順に効果を発揮します。
しかし月経には個人差があるため、生理があまりにもこないときや月経のたびに強い痛みを感じるなどの場合は、ただちに病院で診察を受けることを勧めます。
子宮内膜症や無排卵症といった危険が潜んでいる場合があるからです。
プラセンタは毎日の習慣として摂取することで徐々に効果を発揮するものです。薬ではないので即効性はありません。
毎日のんでいるうちに、「あれ?今回は正常に生理がきたな」とか「そういえば最近、生理痛がひどくないな」という感じで効いてくるものです。

女性らしく健康でいつまでもキレイな体を維持するために飲むのがプラセンタです。
まずは徐々に乱れているホルモンを整えることから始めてください。

 

また、プラセンタと同じように、生理不順に効果があると言われているプエラリア

女性の生理周期には、女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」が深く関係しています。

エストロゲンの分泌は、生理が終わる頃から排卵期にかけて増えていき、生理が始まる頃になると徐々に減少。生理不順の原因となるのも、やはりホルモンバランスの乱れ。不規則な生活やストレス、過度なダイエットなどによって、女性ホルモンの分泌にも影響してしまうのです。

プエラリアは、こうした生理不順やPMSの緩和にも効果が期待できると言われています。

プエラリアに含まれている、ミロエステロールとデオキシミロエステロールという2種類の植物性エストロゲンによって、減少したエストロゲンを補うことができるのです。
また、プエラリアには、女性ホルモンを活性化させるイソフラボンも豊富に含まれています。これらの成分の相乗効果によって、ホルモンバランスを整える効果が期待できるわけです。

 

 

 - プラセンタは生理不順に効果あり?