プラセンタ注射について

      2017/02/07

プラセンタ注射について

クリニックで使われるプラセンタ注射薬には2種類あります。

・更年期障害の改善に使われる「メルスモン」
乳腺を発達させて、乳汁をでやすくする乳汁分泌作用があり、女性ホルモンの乱れによる更年期障害や不妊、PMS、月経困難症などを軽減させる効果があります。

・肝機能障害の治療に用いられる「ラエンネック」
最初は肝疾患の治療薬として開発されたプラセンタ注射剤です。現在では肝臓だけではなくニキビ、シミなどの美肌効果や、虚弱体質など様々な分野での効果や効能が見つかり利用されています。

メルスモンは皮下注射のみ、ラエンネックは皮下注射と筋肉注射とされています。
ちなみに静脈注射(点滴)はショックや痙攣などの副作用を起こす可能性があるため禁止されています。
同じ人プラセンタ(人間の胎盤)を原料としていますが、成分が異なり症状によって薬剤が決められています。
更年期障害の治療にラエンネックが使われることは無いということです。

美容効果を期待してプラセンタ注射を行う場合、主にラエンネックが使われています。

皮下注射よりも筋肉注射のほうがはるかに痛いので、医師と相談してください。

 

プラセンタを皮下注射で注入するメリットとデメリット

プラセンタを皮下注射で注入するには

プラセンタを注射で体内に取り入れるには、皮下注射と筋肉注射の2種類の方法があります。
皮下注射で注入するときのメリットやデメリットを詳しく紹介したいと思います。

プラセンタを皮下注射で注入するメリットとデメリットは

メリット

皮下注射は皮下組織にプラセンタ液を注入します。血管が少なく穏やかに効いてきます。
料金が安いところが多い。

デメリット

筋肉注射よりも吸収力が良くないので注入できるプ
ラセンタ液が少ない傾向にあります。

 

プラセンタ皮下注射の副作用はある?

副作用は、注射したところがプックリと赤く腫れたりしますが、すぐにおさまります。
効き目が緩やかで、注入量が少なめなのでダルくなるといったことは少ないかと思います。
まれに、喘息、アトピー、アレルギーの症状を起こすことがあります。
プラセンタのたんぱく質がアレルギー反応を起こしているかもしれないので、服用を中止したほうが良いかもしれません。

 

プラセンタを筋肉注射するメリットとデメリット

プラセンタを筋肉注射で注入するには

プラセンタ注射をするなら皮下注射よりも筋肉注射のほうが効果があるといわれていますが痛いからそのぶん効き目が強いのでしょうか?
今回は筋肉注射のメリットとデメリットを紹介したいと思います。
プラセンタ筋肉注射のメリットとデメリット

メリット

筋肉注射とは、皮下組織の1番下にある筋肉層に薬剤を注入します。この筋肉層にはたくさんの血管があるので、薬剤の吸収率が高く浸み込むスピードが速いので即効性があります。
プラセンタが体の中で持続する時間も皮下注射と比べると若干スピードが早いとされています。
吸収力が高いので皮下注射に比べて薬剤を注入することができます。

デメリット

摂取したあとは、よく揉まないと成分が固まってシコリになることがあります。
皮膚の深い部分にハリをさすので痛みを感じます。
薬剤の量にもよりますが、数時間から半日ほど、注射した部分にダルさをかんじやすい。
看護師の腕問わずに内出血しやすい。

ラエンネックとメルスモン

 

筋肉注射できるのはラエンネックのみ

プラセンタ注射液には2種類あります。ラエンネックとメルスモンです。
メルスモンは更年期障害やホルモンバランスの乱れに対して効果があります。
しかし皮下注射の方法しかできません。
ラエンネックは、筋肉注射と皮下注射両方できます。
肝疾患の治療薬として開発していましたが、今では美肌や薄毛治療、体質の改善などさまざまな理由で支持されている万能な薬剤です。

 

プラセンタ筋肉注射の副作用はある?

副作用は、注射した部位に発疹や赤みがあらわれますが、短時間で消えることがほとんどです。まれに、発熱や悪寒を起こすことがあります。
揉み忘れで腫れのようなしこりができるのでよく揉むことが大事です。
たん白アミノ酸製剤というプラセンタの薬剤を使っているので、たんぱく質が原因でアレルギー(発疹、ひどいときは喘息)を起こすことも稀にあるので、プラセンタ注射の継続はやめたほうが良いでしょう。

 

プラセンタ注射は痛い?筋肉注射と皮下注射するならどっち?

プラセンタ注射は痛いというウワサは本当?

注射が痛いのは当たり前ですが、プラセンタ注射だから特別痛いというのはありません。
筋肉注射と皮下注射とでは痛みや成分が異なるので、自分の症状に合った方法で摂取してください。

筋肉注射と皮下注射で痛みが違う

プラセンタ注射で痛いのは筋肉注射のほうです。

筋肉注射

筋肉の深いところに針を刺すので痛いと言われていますが即効性、持続性があります。
注射した部位は、よく揉まないと成分が固まってしまい見た目もシコリのようなものができます。
針を刺す箇所は、おしり(臀部)や腕の筋肉です。

皮下注射

皮膚の浅いところに刺すので筋肉注射よりも痛みを感じません。
インフルエンザワクチンも皮下注射です。

 

プラセンタの注入量や針の太さで痛みが違う

そもそも個人差がありますので痛みを感じやすいかたや強いかたもいます。
プラセンタの成分を体内に取り入れる量も違いますし、クリニックによって針の大きさも違います。
1アンプル→2.3アンプルと増えていくほど針をさしている時間も長くなります。
筋肉注射は細い針と決まっているのですが、注入する量が多ければ痛みを感じやすくなるかもしれません。
あとは、注射を行う看護師さんの腕次第というところでしょうか。

 

プラセンタ注射後のほうがつらい

プラセンタ注射を受けたあとの症状のほうがツライとの声も聞きます。
これはどういったことかというと針を刺した部分が重く、だるさを感じるのだそうです。
1アンプルぐらいだと数時間、量が多ければ1~2日ほどの筋肉痛ような症状がでるそうです。
冬の寒い時期の筋肉注射は、筋肉が固まりやすくなっているので痛みがでやすいのだそうですよ。

 

プラセンタを皮下注射すると献血できません

人間の胎盤から抽出されたプラセンタは、感染症の疑いがあるとされて献血をしてはいけないということになりました。
ヤコブ病いう感染症が流行ってから赤十字が平成18年に指定しました。注射を受けるさいには病院で確認として説明されますが、注射をした後の一定期間のうちの献血はできません。
感染症予防のためなのですが、健康で検査を重ねたヒトの胎盤を使っているので、ヒトプラセンタで健康被害の報告はゼロです。

ヒトプラセンタが使われているプラセンタ注射をしてから一定期間はできないので、献血を考えているかたの摂取はおすすめできません。

 

どうしても摂取したいならサプリやドリンク、ゼリーもある

プラセンタの注射にはたくさんのリスクがあります。プラセンタ点滴にも副作用があって、注射でも副作用があります。筋肉注射は痛い上に液量がたくさん入っているので料金も高いです。
1000~2000円を月に6回だとしたらかなり高額になってしまいます。
サプリメントなら低コストなうえに即効性があるのには驚きです。
それにはヒトプラセンタに負けないぐらいの高濃度なウマやブタ由来の胎盤やへその緒エキスが含まれているからなのです!飲んだ次の日には効果を感じているかたも多いです。
私が飲んでみてわかったことですが、1日飲み終わった翌朝にはいつもより脂っぽいと感じましたが、乾燥が改善されていてモチモチしていました。
お化粧をしたらファンデーションや下地のノリが違って薄づきメイクで完了しました!
1日でもすごい効果を感じたのでこんなサプリメント早く飲んでいれば良かったと思いました。
それから継続していますが、体調も良くなって生理不順も解消されています。
ニキビや肌荒れがなくなったのは凄いです!副作用も少なく続けやすいので飲んでみてはいかがでしょうか?

 

プラセンタ点滴は重い副作用があるのを知っていますか?

プラセンタ点滴の副作用

プラセンタ点滴をするとまれに、ショック状態、チアノーゼ、血圧低下、ホルモン異常、痙攣などおそろしい副作用を起こしてしまう危険性があります。
キレイになりたくてプラセンタ点滴を受けたのに、命に関わる副作用を起こしてしまったのではあまりにも点滴のリスクは高すぎますよね。
今回は、プラセンタ点滴の副作用や内容について詳しく調べてみました。

 

プラセンタ点滴は禁止されている

プラセンタ注射のラエンネックやメルスモンの製薬会社では、プラセンタ点滴を禁止しています。
ラエンネックは肝機能障害の治療薬として開発された注射剤です。
説明書には、皮下注射と筋肉注射のみの使用とし、静脈注射はしないこととハッキリと明記されています。
メルスモンは、更年期障害や乳汁分泌を促す治療薬です。皮下注射で使用してくださいと書かれています。
ですが、多くのクリニックではプラセンタ点滴で投与しているという現状があります。

 

プラセンタ点滴は効果があるの?

プラセンタ点滴はプラセンタの吸収力が高く、血管に成分を注入しているので血液の流れと一緒に体中に成分を届けることができます。
そのため即効性がありますが、排出するスピードも速く持続力がなく、最終的に何回も通わなければなりません。
プラセンタ注射は、点滴ほどの即効性はないのですが、持続性はあります。

 

プラセンタ点滴の副作用?静脈注射はとても危険!

プラセンタ点滴の副作用はとても危険なのをご存知ですか?

プラセンタ点滴(静脈注射)は効果がありそうな感じがするのですが、じつは副作用を起こしてしまうので危険なのです!
点滴をすることで引き起こす副作用とはどういったものなのでしょうか?
プラセンタ点滴を摂取したことによる副作用

吸収率が高く即効性があるとされる点滴は皮下注射の約5倍もの効果があるそうです。
しかし、副作用を引き起こした例が4件ほど胎盤医療研究会から報告されており、症状は次のとおりです。
•ショック状態
•血圧の低下
•チアノーゼ
•呼吸困難
これらの症状はどれも生死に影響を与える危険な状態ともいえます。
アレルギー症状が酷く出たアナフィラキシーショックに症状がとてもよく似ています。
静脈注射を受けたせいで、このような被害があることからプラセンタ点滴はとても危険だと考えられます。

 

プラセンタ点滴は認可されていない

そもそも点滴によるプラセンタ摂取は本来ならば認められていません。
しかしながら、美容クリニックなどでは行われています。
点滴で使われている成分はヒトプラセンタのラエンネックとメルスモンです。
この2つの製薬会社では、筋肉注射や皮下注射のみ認めており、静脈注射は禁止されています。
もし何も知らずに勧められるがまま点滴を行い副作用を起こしてしまったとしても製薬会社には関係ありません。
もちろん禁止されているのは医師ならば知っているはずなので病院側の責任になります。
なにかあってからでは遅いので静脈注射をすすめられたとしても絶対にやめましょう。

 

ほかの成分とカクテルしたプラセンタ点滴に注意!

ビタミンC群などの美容成分をプラセンタにプラスして注入するクリニックが増えています。カクテル点滴と呼ばれます。

カクテル点滴とはプラセンタと他の有効成分(たとえばビタミンなど)と合わせて点滴で体内へ吸収させることで相乗効果を高めるという方法です。
クリニックで受けることができるのですが、同じく副作用がありますのでやめておいたほうが良いでしょう。
プラセンタだけでも十分なのにさらにビタミンCまでとは!最強の美容成分なのでは?と思ってしまいますが、体内に成分を留めておくことができないので無意味なのです。
そして、プラセンタ点滴による副作用も重くなります。
料金ですが、プラセンタ単品の2倍のお値段ですのでやめておいたほうが良いでしょう。
カクテル注射(筋肉、皮下注射)なら大丈夫なのかというと、そうではありません。
プラセンタと、他の栄養剤の相互作用で思わぬ副作用を起こしてしまうかもしれませんので、カクテル点滴と、注射は気をつけてください。

 

 

プラセンタ点滴はやめて注射にする方法もある

プラセンタ注射にも副作用やリスクもあります。
アレルギー反応がでる
プラセンタにはたんぱく質(アミノ酸)などが豊富に含んでいるので、かゆみや発疹がでてくることがあります。
ぜんそくのような症状が出た場合は合わないということなので服用を中止してください。
献血ができない
平成18年ごろにヤコブ病という感染症を防ぐ目的で日本赤十字社がヒトプラセンタによる注射を受けた患者さんの献血を禁止しました。
実際には、感染の報告は1件もされていません。

 

プラセンタ注射を打つ間隔はどれぐらいが効果的なのか

プラセンタ注射の間隔はどれぐらいが良いのか

プラセンタ注射をするとお肌がきれいになったり、更年期や生理不順を改善したり、疲労回復といった理由で男女問わず増えてきました。
注射をうける回数は人によって様々ですが、平均的に見ると週1回が多いです。
プラセンタ注射の間隔による効果の違いはあるのでしょうか。

 

プラセンタ注射は1回きりでは効かない

プラセンタ注射は継続することで効いてきますので1度だけでは意味がありません。
そのためクリニックに通う必要がでてくるのですが、最初の1~2ヶ月あたりまでは週1,2回打つのが効果的だと言われています。
そしてプラセンタに体が慣れてくる2ヶ月目からは間隔をのばして2週間に1回程度が理想です。

 

プラセンタ注射の吸収率は早い

プラセンタには成長因子が含まれているので、新しい細胞は注射によるプラセンタを素早く吸収させるので効き目が早いです。
その反面、プラセンタは2,3日で体内からなくなるので始めの1ヶ月はマメに打つことでより効果を得ることができるそうです。

 

目的によって注射を打つ間隔は異なる

プラセンタ注射は、肝疾患や更年期、美肌目的で通院しているかたが多いのですが、すべての症状が週に○回なのではなく目的別に理想的な回数があります。
美肌目的でしたら、1ヶ月目は6~8回、2ヶ月以降は2~4回で十分です。
これは、最初にプラセンタ注射の回数を増やすこと新陳代謝が上がり美肌を作りやすくします。
更年期障害の治療は、週に3回程度が良いそうです。これはあくまでも最初だけでずっと続くわけではありません。

 

プラセンタ注射にかかる費用

プラセンタ注射は高額というイメージがありますが、そのとおりで1アンプル1000円~2000円(病院によって異なりますが)で、1回の注射で平均2~3アンプルはするので高くなります。
メルスモンという薬剤を投与する更年期障害、ラエンネックという肝疾患の治療に用いる薬剤のみなので、エイジング目的では保険はきかないので高額になってしまいます。
1ヶ月間にかかるプラセンタ注射の料金は10000円~20000円と考えておいたほうが良いでしょう。
続けなければ効果が薄いプラセンタ注射はしっかりとお金の計画を立ててからが良いかもしれません。

プラセンタ注射の間隔は、目的別や症状によって違いがあります。
よりはやく効果を得るにう週に数回はうつことで回復を早めます。
注射を受けるには美容外科だけではなく、内科、皮膚科などでも受けられます。
注射の種類ですが、クリニックの中には静脈注射をしているところもめずらしくありませんが、メルスモンもラエンネックも点滴での注入は認めていません。
なぜなら点滴による副作用は、ショック状態、血圧低下、チアノーゼという重い副作用を起こすかもしれないからです。
しかも静脈注射は注射よりも、体内からプラセンタ成分が血液とともに流れてしまうので体内で成分を維持できません。そのわりには高額というのも考えものです。

プラセンタ注射すると輸血拒否される?献血と輸血の違いとは

プラセンタ注射後は輸血されるのはOKだけど献血はNGです

プラセンタ注射を受けるときに、気をつけなければならないことは輸血を受けることはできても、献血はできないということです。
両方できないのでは?と勘違いしているかたも多いと思いますが、プラセンタ注射をしていてもあなたが誰かの血液が必要になった場合、輸血を受けることはできます。

 

プラセンタ注射をすると献血ができない理由とは?

日本赤十字では、平成18年にプラセンタ注射を受けた人の献血の禁止を発表しました。
これは、ヤコブ病(vcJD)という感染症のリスクを少しでも予防するためと考えられています。
しかしヤコブ病に関してのデータは乏しく検査するのは難しい状況なためハッキリしたことはわかっていません。
実際にヒトプラセンタを注射したことによるヤコブ病やそのほかの感染症にかかった患者さんはいません。これは日本だけで海外は何の問題はないそうです。
ヒトからの胎盤から抽出されたエキスなども、徹底的な検査が行われているそうなので安全ではないかと考えますが、現在では禁止されている状況です。

 

プラセンタ注射をしても輸血はできる

輸血を受けるのは、生きているうちに何回あるでしょうか?
1回も受けないかたもいるかと思います。
輸血は病気や事故などで、自分の血液が不足したときに自分以外の血液をもらわなけれななりません。
プラセンタ注射をしているからといって輸血に関して影響があるわけではありませんが、輸血は受けられても人に与えることはできません。
大事な家族や恋人に提供することができなくなるのでよく考えてからのプラセンタ摂取をおすすめします。

 

プラセンタ注射をすると一生輸血の提供ができないの?

赤十字では、安全性が確認できるまで当分は献血できないと提示されています。そのため、現在は一生輸血ができないことになります。今後、ヤコブ病についての研究が進み、未知の感染症の疑いが晴れれば献血できるようになるかもしれませんが、あくまで可能性であり、現状は献血できないことに変わりはありません。昔ほどプラセンタ注射に対するネガティブなイメージは無くなってきましたが、美容程度の目的でプラセンタ注射を安易に選択するのは大きな間違いです。

 

まとめ

プラセンタ注射のリスク その1

献血は禁止されている
ヒトの胎盤から抽出されたエキスがプラセンタ注射の成分なので、感染の考慮からある一定期間内の献血による採血はできないという赤十字での取り決めがあります。
検査をした上で健康な妊婦さんの臓器である胎盤を原料にしているので、ヒトプラセンタでの感染症による副作用はありません。
注射以外のサプリメント類の献血は問題ありません。

プラセンタ注射のリスク その2

静脈注射による摂取
静脈注射とは点滴のことです。静脈注射を受けたことによって血圧が低下して痙攣、ショック状態を起こすなどの重症化しやすい副作用があります。
ラエンネックやメルスモンの薬剤会社では点滴での摂取を禁止しています。
注射での摂取は、筋肉注射や皮下注射です。
これらの副作用は、皮膚に少し赤みや発疹ができることがありますが、短時間で消えます。

プラセンタ注射のリスク その3

アレルギー反応
プラセンタはたんぱく質が豊富です。このタンパク質でアレルギー反応を起こすことがあります。
とくにアレルギー、アトピーをお持ちのかたは医師の指導に従ったうえでの摂取をおすすめします。

 

プラセンタ注射以外での摂取は副作用が少ない

プラセンタは注射だけではなくサプリメントやドリンクからでも注射と同様な効果が期待できます。
注射ではヒトプラセンタが主流になっていますが、サプリメントでは豚や馬の胎盤が原料としているので献血を受けられないこともありません。
注射ほど効かないんじゃないの?と思っているかたも多いかと思いますが、サプリメントでもどれだけの成分がカプセルの中に含まれているかで注射以上の効果を得られます。
注射でも、料金に差があるように濃度の低いものは価格も安いのです。
サプリメンやドリンクでも同じなので、品質が良く高濃度な商品を選びましょう。

≫≫プラセンタ注射の同意書の参考例はこちら

 - プラセンタ注射について